• ホーム
  • ヘルペスはバルトレックスなどで早めの治療を

ヘルペスはバルトレックスなどで早めの治療を

2019年11月10日
泣いている男性

現代の医学では、ヘルペスウイルスを完全に退治してしまうことはできません。一度感染すると、人の神経細胞の中に隠れて潜んでいます。そして、疲れやストレスにより免疫力が低下した時に活発化して猛威を振るうのです。暴れだしたウイルスを止めるには、専用の治療薬が必要です。症状を感じたら早めに病院に行き、薬を処方してもらうようにしましょう。治療薬には、飲み薬や塗り薬・点滴などあり感染場所や症状に応じて処方されます。出来るだけ早期から服用を行うことで悪化を防ぎ、皮膚や神経のダメージを軽くする効果を持つのです。もしかしてという段階で行った方が良いでしょう。完治させれない以上は何かのたびに再発を繰り返すこととなりますから、すぐに服用できるよう常備薬としておくのが効果的です。ヘルペス治療薬として使われることが多いのが、アシクロビルを有効成分とするゾビラックスやバラシクロビル配合のバルトレックス錠です。バラシクロビルもアシクロビルも、ヘルペスウイルスを退治してしまうことは出来ないものの増殖を抑えることは可能なのです。ゾビラックスは吸収されにくいので1日5回・4時間ごと服用、一方のバルトレックスは吸収率が良いので1日2回か3回の投与で大丈夫という違いがあります。医師と相談しながら適切な薬を見つけ出すようにしましょう。もしも、何らかの副作用が出てきた場合には医師や薬剤師に相談することです。決して副作用が強いとは言えないゾビラックスですが、体質により合わないこともあります。下痢や腹痛・吐き気・発疹・意識低下・頭痛といった症状の例もあるので、注意しましょう。それ以外にも、けいれんやてんかん発作・肺炎といった症状が見られることもあり、こういったものは重篤な病気に発展する可能性もあるのです。自身の身体の様子をよく観察しておき、少しでも異常を感じたらすぐに服用を中止することです。バルトレックスも、副作用の発現率が極端に低いものの頭痛やめまい・ねむけや下痢・嘔吐・腹痛などが起こることもあります。重篤な作用として蕁麻疹や発疹・腎障害や排尿困難・呼吸困難もあるので、注意が必要です。とにかく早く治したいという気持ちもあるでしょうが、大量摂取が早期治療に繋がるとは言えず、むしろ副作用のリスクを高めるだけです。適正な量を正しく服用するようにしてください。個人輸入を利用する場合、お値段以上に販売業者の信頼性の高さで選んで購入しましょう。