• ホーム
  • カンジダ症の具体的な症状と原因

カンジダ症の具体的な症状と原因

2019年07月27日
病原体

我々の周りには、目には見えずとも様々な菌が漂っており身体が弱った時などには病気を発症してしまいます。性病と呼ばれる種類の中にも、必ずしも性行為を経験しておらずとも、なってしまうようなものもあり性器以外にも発症することがあるので、偏見の目で見るだけでなくその原因や症状・感染経路などの情報は知っておいた方が良いのです。カンジダ症も膣カンジダと言って性病の一つとして考えられています。ただ、口腔カンジダ症もあり、膣のみに発症するものではありません。むしろ、口の周りにちょっとした時にすぐに出てくる症状に常備薬を持っている方もいるほどです。大人だけでなく乳幼児だってかかることもあり、消化管や皮膚などに現れることもあります。その原因となるのはカンジダという名のカビの一種である真菌です。実は人間なら誰もが持っている常在菌なのでいつ感染したか、感染経路が分からなかったりします。膣カンジダは女性の5人に1人は経験するといわれているので、感染経路の特定よりも予防方法や治療の仕方を考えた方が良いです。真菌が関係している以上は、自然治癒することはありません。それどころか、放っておいたらどんどん増殖して悪化して行く一方です。カンジダ症の症状ですが、膣に発症したものはその周辺のかゆみやヒリヒリ感・発疹などで気付くこととなるでしょう。おりものの状態を見ていると粘度が高くて白い、まるでカッテージチーズのような状態となっているはずです。ホルモンバランスが変化する生理前にはよく症状がぶり返すという方もいます。妊娠中に起こったり、きつい下着を着たことや、抗生物質を服用したことで起こることもあるでしょう。とにかくストレスや疲労などで免疫機能が低下することで、常在菌であるカンジダが元気になりすぎてしまうので、予防方法としては日常生活の改善しかありません。抗真菌剤を使えば菌の繁殖は抑えられるため、常に常備しておいて生理前になるとすぐに使用するということも予防となるでしょう。何しろ常にいる菌なのですから共に暮らしていくしかありません。自然治癒が不可能な以上、薬を使って飼いならしてやってください。それと共に、日常を振り返るきっかけとしましょう。ちなみに、口腔カンジダであれば、舌や口腔内の粘膜部分に白いコケが出てきます。また舌表面が腫れたりただれたり、痛みや味覚障害・違和感などの症状が出てくることになります。こちらも原因は同じ、弱っているからです。