• ホーム
  • エンぺシドはカンジダ症に効果のある薬

エンぺシドはカンジダ症に効果のある薬

2019年08月06日
危険なウィルス

カンジダの症状を感じたら、とにかく専門医の元を訪れて適切な治療薬を処方してもらうようにしましょう。使わない限りは永遠に治ることはありません。それどころか、カンジダの暴走は止まらずどんどん恐ろしい状態になっていきます。そんなカンジダの暴走を抑えてくれる治療薬が、エンペシドなのです。エンペシドは有効成分クロトリマゾールを含むもので、このクロトリマゾールが抗真菌の効果を持っています。治療薬にはケトコナゾールというものもありますが、こちらはHIV感染症に伴う口腔カンジダ症には使うことが出来ないのです。表在性カンジダにのみケトコナゾールと使い分けされています。病気に対して強い力をもつエンペシド、服用を続ける中で真菌の持つ細胞壁を破壊することで増殖を抑える効果を発揮してくれます。人間も細胞が集まって出来ている存在ではあるものの、一つ一つは細胞膜に包まれていて壁のような組織はないため、そういった意味では服用しても悪影響を及ぼすようなことはありません。とはいえ、強い効果を持つ薬ゆえにまったく副作用がないとは言い切れないのです。今のところは、刺激感や肝機能障害・吐き気・口内痛といった副作用が報告されています。塗布したことにより患部がしみたりヒリヒリしたりかぶれや痒みを感じても、症状が軽度であれば使用を続行して経過観察を行うこととなるでしょう。とはいえ、強いかゆみやかぶれだと使用が中止されることもありえます。医師や薬剤師に相談して、かならず判断を仰ぐことにしましょう。薬の代謝を行なう際、肝臓に負担がかかるので吐き気や食欲不振・腹痛・黄疸といった症状が起こります。トローチタイプの薬だと吐き気や嘔吐といった症状が現れやすく、口腔内に痛みや乾燥感などが起こることも、いずれもやはり軽症なら継続、重症ならば薬の服用を中止、あるいは減薬となります。自己判断で勝手に止めてしまってはいけません。何しろ、真菌の活動を止めるためにも必要な治療薬なのです。状態によっては他の薬を使うことが出来なかったりということもあります。特に膣カンジダの場合は恥ずかしいかもしれませんが、必ず医師とともに治療を行うことをおすすめします。自身に合う薬が分かっていれば、今後は再発しても初期段階ですぐに使って真菌の活動を止めてしまうので、ひどくなることなく終わるのです。もちろん、活発化しないためにも日頃の生活に気を配っていることも大切でしょう。ちなみに、治療薬とはいうもののカンジダを完全に死滅させてしまうことは今の化学では出来ませんから今後も付き合っていくしかないのです。